肥満とメタボリックシンドローム

肥満の原因は栄養バランスの乱れ

肥満の人の割合は、比較的男性において年々増加傾向にあります。
その要因には現代人の栄養バランスの乱れがあることは明らかです。
食の欧米化による脂肪過多な食事や間食などは過剰なエネルギー摂取となり、肥満をまねいていしまいます。
それだけでなく、実はビタミンやミネラルの不足も肥満につながる一因となるのです。
現代人は、野菜や果物の摂取不足により、ビタミンやミネラルが不足しがちですが、ビタミンやミネラルは、糖質や脂質をエネルギーに変える上で欠かせない存在です。
そのため、ビタミンやミネラルが不足すると、エネルギーに変換しきれなかったものが体脂肪となって蓄積されてしまうのです。
肥満にならないようにするには、栄養素をバランスよく摂ることがとても大切です。


肥満は生活習慣病の原因

日本人の死因の第1位はがん、第2位は脳卒中、第3位は心臓病で、これらすべてに肥満が深く関わっています。
糖尿病、高尿酸血症、高血圧、高脂質血症、脂質異常症などの疾患は特に肥満と関わりの深い生活習慣病です。
また、日本人は欧米人に比べ、より軽度の肥満でも生活習慣病になりやすいため、日本人の肥満の基準は欧米人よりも厳しく設定されています。

メタボリックシンドロームの状態とは

肥満には皮下脂肪型と内臓脂肪型がありますが、内臓脂肪型の方が生活習慣病を引き起こしやすことがわかってきました。
内臓脂肪による生活習慣病のリスクが高い状態として、「メタボリックシンドローム」がよく知られています。
「メタボリックシンドローム」とは、内臓の周辺に脂肪がついておなかが出てくる内臓脂肪型肥満に加え、「①血清脂質異常」、「②血圧高値」、「③高血糖」のうち2つ以上を合併した状態をさします。
この状態を放置すると糖尿病や高血圧症といった生活習慣病を併発することになるため、内臓脂肪型肥満が疑われる方は注意が必要です。

現在日本では、男性の4人に1人(23.6%)、女性の10人に1人(9.1%)が「メタボリックシンドロームが強く疑われる」と診断されており、年齢が高くなるほど、その割合は増加しています。
メタボリックシンドロームの元になっている内臓脂肪はたまりやすく減りやすいという特徴があります。
食生活を改善して運動不足を解消することで減らすことができるので、内臓脂肪をためない生活習慣を心掛けることが大切です。

深刻な子供の肥満

文部科学省が行っている学校保健統計調査によると、肥満傾向の子供の割合が、この30年で約2倍に増えています。
この原因はよく知られている栄養バランスの変化に加えて、朝食を摂らない子供の存在、夜食を食べる子供の増加などの食生活の乱れが考えられます。

※肥満(痩身)傾向児とは、性別・年齢別・身長別標準体重から肥満度を求め、肥満度が20%以上(痩身は-20%以下)の子供のこと。
肥満度=(実測体重ー身長別標準体重)/身長別標準体重×100(%)

脳卒中の原因とは?

脳卒中の原因の一つである高血圧症は、塩分摂取と関係が深い病気であることがわかっています。
それは、体の中に塩分が増えると、濃度を下げるために多量の水分が血管内に吸収されて血管が膨らみ血管内の圧力(血圧)が上がるためです。
日本人の食塩摂取状況より、日本人は男女ともに塩分の摂り過ぎであることが明らかになっています。
これらの摂りすぎた塩分を身体の外に出すには野菜や果物に多く含まれるカリウムが作用するため、日常的に過剰な塩分の摂取を控えるとともに、野菜や果物を積極的に摂取することが大切です。

大腸がんの発生には食習慣と関係が深い?

野菜不足や脂肪過多、飲酒などの生活習慣の乱れは、がんの発症リスクを高めることが知られています。
大腸がんを例にとると、菜食主義者、肉類(特に保存・加工肉)やどうぶつせい脂肪の摂取量の少ない国や地域では発生率は低くなっています。
このことから、欧米人に比較して日本人の大腸がんに罹るリスクは低いものの、アメリカなどに移住した日本人では、白人と並ぶほどリスクがあがることが知られています。
また、肥満は大腸がんのリスクを上げることが知られていることから、生活習慣には十分気をつける必要があります。