少子高齢化社会は年々進み、2025年には人口の3分の1は65歳以上の高齢者となると言われています。

セルフメディケーション 健康寿命 平均寿命

そんな中、年齢が高くなっていくと心配の一つとして出てくるのが、認知症問題。

今では様々な認知症対策が出てきていますが、やはり中でも人気の高いのが、健康麻雀や健康卓球ですよね。

認知症対策の大切なポイント

認知症対策として、共通して言える認知症対策の大切なポイントは、

①仲間と話せる

②手先を動かす

③頭を使う

この3つが大切なポイントとなってきます。

そして、年齢に比較して、

『負担になりすぎない』

と言うのも大切なポイントです。


そのことから、健康麻雀や、健康卓球は、

セルフメディケーション 健康寿命 平均寿命セルフメディケーション 健康寿命 平均寿命

認知症対策や仲間との交流手段として、有効なものの代表例だったのでしょう。

今最新の流行認知症対策とは?

健康麻雀や健康卓球などの2つは依然として大人気なのですが、最近では認知症対策として、もう一つ、

人気のある者が出てきました。

それこそが、健康けん玉健玉?)

なのです。

セルフメディケーション 健康寿命 平均寿命

けん玉は古き良き遊びとして数多くの人から愛されてきましたが、このけん玉こそが、

手先を器用に使い、技をかけ繋ぎ、コミュニケーションの場をも提供することから、

今、けん玉人気の再来しているのです。

こどもにも大人気のけん玉は、お孫さんとのコミュニケーションツールにもなりますし、

日本けん玉協会に加入すれば更なる高みを目指すこともできます!