ポイント1:生きたまま腸に届く善玉菌を摂る

腸内環境を改善するには、まず食べ物から善玉菌を補うということが頭に浮かびますが、実は通常の食事に含まれている善玉菌(乳酸菌等)は遺産や胆汁酸によってほぼ死滅し、腸まで届きません。

乳酸菌などの善玉菌を補うには、サプリメントなどを活用して「生きたまま腸に届く善玉菌」を摂ることが大切なのです。

このように腸内細菌のバランスを改善する生きた菌は「プロバイオティクス」と呼ばれます。

また、人はそれぞれ異なった腸内細菌パターンを持っているため、サプリメント等で補う際は、色々な種類の善玉菌を補えるタイプを選ぶことをお勧めします。

ポイント2:善玉菌のエサになる水溶性食物繊維を摂る

善玉菌を補うだけでなく、元々腸内に存在している善玉菌を増やし育てることも大切です。

水溶性食物繊維は、善玉菌のエサ(栄養源)となり、腸内の善玉菌を増やす作用がある成分は「プロバイオティクス」と呼ばれます。

善玉菌に加えて、水溶性食物繊維なども一緒に補うことも大切です。

ポイント3:食物繊維で腸内をキレイに保つ

便や腐敗物を残さずに「腸内をキレイに保つ」ことも重要です。

便はいわば「腐った老廃物」なので、長期間溜めた状態(便秘)が続くと悪玉菌が増殖しやすい環境となります。

ここでも重要な存在が食物繊維なのです。

2週類の食物繊維は共に便通を良くする上、難溶性食物繊維にはベント一緒に排出する働きもあるからです。

腸内がクリーンになると細菌バランスが改善され、善玉菌がより生息しやすい環境となります。

さらに消化吸収力も高まったり、免疫力までも上昇する期待が持てます。